MINX(ミンクス)美容院(美容室)ビューティーメディア>パーマ>パーマ髪型>面長にはパーマ?!自分に似合う髪型教えて!

面長にはパーマ?!自分に似合う髪型教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面長にはパーマ?!自分に似合う髪型教えて!

髪型のイメージを変える時に思い浮かぶのがカットやパーマ!

雑誌やSNSでイメージの写真を探して、行く前から髪型が変わるのが楽しみな美容室。

「イメージの髪型の写真があっても、それを自分がやっても似合うのか不安」「実際にオーダー通りにしてもらったのになんかイメージと違う」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか??


実は同じようにカットやパーマ、カラーをしても顔の形やバランスによっても印象が変わってくるんです。

ではどうすればいいの?

まずはどんな顔型にはどんな髪型が似合うのか知ることから始めましょう!!必ず1人1人に似合う髪型、バランスがあります。


髪型を決める際に参考になるよう、顔型毎におさえるポイント、オススメの髪型を紹介していきます!


コンプレックスの多い顔型の印象を変えるためには、ヘアスタイルの輪郭(シルエット)を変えることが有効です!

長さ、ボリュームを出す高さ、顔周りの髪の毛や前髪のバランスなどで違った印象に見えてきます。

カットとパーマで、気になる骨格をカバーして顔型に合った理想のシルエットをつくっていきましょう。


本当に自分に似合う髪型って?顔型と髪型の関係性!


似合う髪型を考えたり、顔の輪郭をカバーするには髪型も含めた縦幅と横幅のバランスを意識すると良いんです。

特に小顔に見せるには縦横のバランスのとれたひし形に近づけるとコンプレックスをカバーした理想の形になると言われています。


縦や横にボリュームを出してひし形にすることで気になる方の多いハチ周りやエラの部分の印象が緩和されるため、骨格や顔型の見え方が変わります。


丸顔、面長、ハチ張り(ベース)顔、逆三角顔とお悩みの多い顔型はそれぞれ改善するためのヘアデザインが違います。

それぞれに合わせて見られ方の特徴とオススメのパーマヘアを見ていきましょう。


丸顔の特徴と似合うパーマ


◎丸顔の特徴

・幼く見られやすい

・顔のパーツが中心によっており、輪郭の丸みが目立つ

・アゴが丸く、頬がふっくらしているのでぽっちゃりに見られる



◎ショート×ひし形ニュアンスパーマ

丸顔さんはシルエットをひし型に見せることがポイント!

特に丸顔さんのショート、ボブヘアで大切なのが全体のシルエットをひし型に寄せて丸みをカバーすることです。


前髪は重ためよりも軽さを出してすき間をつくったり、パーマでサイドに丸みをつけたり、トップにボリュームを出して縦の印象を強調したりすると顔型に似合わせやすいです!


カットとパーマでひし型のシルエットを意識した髪型にするだけで丸みをカバーし、洗練した都会的なお洒落女子に!



◎ミディアム×コテ巻き風Aラインパーマ

ミディアム、ロングのヘアスタイルには毛先にパーマをかけてボリュームをつくることで縦長に見せることができます。

パーマはあまり上から強めにかけずに全体の下のほうにカールが出るようにかけることでアルファベットのAのような毛先にボリュームのある髪型になり、顔型をカバーする髪のシルエットが出来上がります。


面長の特徴と似合うパーマ


◎面長の特徴

・顔が縦長に見え、シャープな印象で実年齢よりも上に見られる

・おでこが広く見えやすいので前髪が重要

・クール、大人っぽい

・地味に見えやすい


◎ロングレイヤー×ゆるふわウェーブパーマ

面長さんにはロング、ミディアムなら軽さのある段の入ったレイヤースタイルにボリュームの出るふんわりパーマの組み合わせがオススメ!


縦長の印象をカバーしたいので、トップにボリュームは出しすぎず、顔の横にボリュームを強調した髪型がポイントです。

エアウェーブでパーマをかけると、よりふんわりとしたボリューム感のあるパーマになりますよ!



◎前髪あり×ナチュラルウェーブパーマ


面長さんはおでこを出しているとより縦長の印象に見えやすくなります。

前髪をつくり額の面積を狭く見せ、パーマで自然に横に流れるようなデザインの髪型にすることで縦長の印象をカバーできます!!





エラ張り顔の特徴と似合うパーマ


◎エラ張り(ベース)顔の特徴


・エラ、ハチが張っている

・頬骨が目立ちゴツゴツした印象

・男性的に見えやすい

・首が太く見えやすい


◎ミディアム×くびれウェーブパーマ


骨格がしっかりしていて平面的に見られやすいエラ張り顔さんはエラより上の高さにパーマでカールをつけてボリュームを出す髪型が似合います!

ハチが張っていて頭が横長の印象にも見られやすいので、トップにふんわりとボリュームがでるパーマをかけて縦の印象を強調することも大切。


気になるエラ周りは顔周りの髪を後ろに流れるように柔らかなカールをつけ、ふんわりと顎周りに下ろすと顔型をカバーしながら雰囲気のある大人な印象の髪型に!

顔周りの毛束はひし型を意識して斜めにつくるように心がけるとスタイリングしやすいです!



横や後ろから見たときにも平面的に見えないように後ろのボリュームもふんわりとさせると、よりメリハリが出て髪型のクオリティが上がります。

見えない部分で見落としがちですが、顔型に合わせるなら360°綺麗に見える髪型が嬉しいですよね!

毛先だけではなく、中間からパーマのカールが出るような髪型をオーダーしましょう。




前髪をつくる場合は、狭めの幅でサイドに流れるようにつくってあげるとバランスが良く似合いやすいです!


逆三角顔の特徴と似合うパーマ


◎逆三角の特徴

・顎がシャープできつい印象に見られやすい

・ハチが張っているので顔に対して頭が大きく見えやすい

・ほお骨が出て見える


◎切りっぱなしボブ×外ハネパーマ

直線的でシャープな印象の逆三角顔さんには、前下がりのボブなど雰囲気を活かして、あえてラインを強調する個性派のヘアスタイルも素敵ですが、

顔型をカバーする髪型にするのであれば、顎ラインの高さにカールをつけて動きを出したパーマスタイルがオススメ。


パーマでトップのふんわり感と毛先の動き、ボリュームのある髪型にすることで直線的な顎周りの輪郭が緩和され柔らかい印象をつくることができます!


本木 慶寿

本木 慶寿

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本木 慶寿は、こんな記事も書いています。

  • 面長にはパーマ?!自分に似合う髪型教えて!

    面長にはパーマ?!自分に似合う髪型教えて!

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー