MINX(ミンクス)美容院(美容室)ビューティーメディア>ヘアケア>(悲報)海とプールで髪が死ぬ!?最善の予防と対策方法を伝授

(悲報)海とプールで髪が死ぬ!?最善の予防と対策方法を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(悲報)海とプールで髪が死ぬ!?最善の予防と対策方法を伝授

夏と言えば、海にプール・・・水辺は夏の憩いの場。

しかし気になるのが「髪の毛の傷み」ですよね・・・

海やプールで髪の毛がボロボロに・・・なんてことにならないためにも、是非ご参考にしてください♪


海とプールはとにかく髪の毛が傷む!!


みなさまも感じることがあると思いますが、海とプールはとにかく髪の毛が傷みます!色落ち、乾燥、広がり、髪とは思えないほどのザラザラとした手触り・・・。

人によっては、美容室で失敗されたなんてレベルじゃないほどに傷むこともあります・・・


では、なぜ海とプールで髪の毛がそこまで傷むのでしょうか?どうすればこの髪の毛の傷みは解消され、また予防できるのでしょうか?今回はそんな夏のお悩みにお答えしたいと思います!!!


海に入ると髪の毛が傷む原因!


海水浴もサーフィンも、しっかり髪の毛は海水に浸かりますよね。そして、

いざ海から上がるとバサバサに!!!!!


色も褪色してオレンジ色に。さらに、翌日になっても治らない・・・


原因① 海水はアルカリ性

まず、海水は弱アルカリ性です。ph8という数値なので弱アルカリ性に分類されますが、髪の毛にとっては十分に負担となる数値です!  

アルカリ性といえば、ヘアカラー剤、パーマ剤、縮毛矯正剤などは基本的に同じアルカリ性です。

髪の毛がアルカリ性の物質(海水)に触れると、キューティクルが膨潤します。そして、それは時間に比例してどんどん状態が悪化してしまうのです!海といえば、気づけば髪の毛が1時間、2時間濡れていることもあると思います。これは、1時間や2時間もカラー剤をつけっぱなしと同じ状態ということです!(考えるだけでも恐ろしいですね・・・)

ですので、海水に浸かるだけでも、髪の毛は大きな傷みを生むということです。


原因② 乾く→濡れるの繰り返しで最悪の状態に・・・

海水に浸かれば、たとえ1回でも大きなヘアダメージを負います。

しかし、ビーチに上がり、休憩中に髪が乾き、そして再び海へ・・。これが超NG行為なのです!!!

「海水に濡れる→乾く→海水に濡れる」を3往復すれば、なんとブリーチ1回分のダメージといわるほどに髪の毛は大きなダメージを負います!当然、美容院で綺麗に染めたヘアカラーは見る影もなく・・・。

どんなに美しい髪も、オレンジがかった硬い髪の毛に変貌してしまうのです。これが、海水が与える影響というものです。


原因③ 海に潜む「紫外線」という敵

海の紫外線は強い。肌がジリジリ焼けるあの紫外線は、当然髪の毛も脅かします。

紫外線はそもそも、髪の毛の「結合」という身体でいう骨のような存在を切断してしまいます。そして、活性酸素を作り出すことで中から髪の毛の組織を壊します。そんな紫外線は、なんと海水と強力なタッグを組むことがわかっています!!

海水で濡れた髪の毛に紫外線が当たると、髪内部の活性酸素は数倍も活性するそうです。これが、紫外線が怖い本当の理由です。

濡れた髪は海から上がるとタオルで包むなど、とにかく紫外線を当てないことが大切です。


原因④ 海上がりのシャンプーの落とし穴

海上がりには「海の家」でシャワーを浴びる方がほとんどだと思います。

海の家にもシャンプーは売っていると思いますが、美容院で見かけるような「髪にやさしいシャンプー」は当然売っていません。知らずに「脱脂力」の高いシャンプーを使うと・・・想像通りの結末です。。

海+紫外線ですでにSOSレベルの状態の髪の毛を、強い脱脂力のシャンプーでゴシゴシ。流した途端、髪の毛には指は通らず、鳥の巣状態になること間違いありません!!「海水を落とした方が良い」という意見は間違っていないのですが、シャンプーは脱脂力の低いアミノ酸系や植物系でなければもはや逆効果です。

高級シャンプーもミニサイズであれば安価ですので、髪がボロボロになって後から美容院で処置するよりもとても経済的でもありますね。


海でのヘアダメージを軽減する方法

かといって「海に入るのを止める!」というわけにはいきませんので、最低限「これをすれば良い!」という海専用ヘアケア方法をお伝えします!!


海のヘアケア① 海水浴程度であれば「極力濡らさない」

当然ですが、少し海に入る程度であれば濡れないようにアップスタイルにしておくと良いと思います。濡れなければ紫外線ダメージだけで済みますので、かなりのダメージ低下に繋がります!もし潜るなどの理由がなければ濡らさない工夫をしましょう!


海のケアケア② 髪用UVスプレーをこまめに使う!

最近は髪の毛用のUVスプレーが多く発売されています。海に向かうとき、海から上がったときなど、こまめにUVスプレーを使って紫外線をブロックすることをオススメします。


海のヘアケア③ 海後のシャンプーは「絶対に低刺激系で」

海後のシャンプーがとんでもなく髪の毛を傷めます。ですが、海水はしっかり落としてアルカリ性を中和したいのでシャンプーは必要です。そこでオススメしたいのは「低刺激系」のシャンプーです!

アミノ酸系、植物系、野菜の力など洗浄成分がやさしい商品を使うことが大切です。


海のヘアケア④ ノンシリコンはNG!!

シャンプーもトリートメントも海後のノンシリコンはNGです!ノンシリコンでは髪の毛を守るものがないので摩擦が起こりやすくなり、ヘアダメージが進行してしまう原因に。シリコンが入ったシャンプーとトリートメントで髪の毛をしっかり保湿、保護してあげてください。


プールに入ると髪の毛が傷む理由


続いてはプール。

海の原因は「アルカリ性」と「紫外線」でしたが、プールもほぼ似たような理由で髪の毛が傷みます!


原因① プールもアルカリ性

まず、プールも海と同じアルカリ性です。

海はph8程度ですが、プールはph5.8~8.6と定められています。海よりアルカリ濃度が高いプールもあれば、低いプールもある、といえると思います。このアルカリ性の水に触れ続けることによって、プールでも海と同じようなヘアダメージを負うことになってしまいます。


原因② 消毒目的の「次亜塩素酸」

プールには消毒のために「次亜塩素酸」が使われています。これは、プール特有のあの消毒臭の元。

次亜塩素酸とは、身近な存在としては漂白剤です。いわばプールは漂白剤を限りなく低い濃度で溶かした水なので、髪の毛にとってはたいへん刺激の高い場所となってしまいます。大多数の人が同時に入るので感染症予防などに必要不可欠な次亜塩素酸ですが、髪の毛にとってはデメリットしかない成分なのです。


原因③ プールは特に紫外線が強い

「海の方が強そう」と、思いますが、プールも負けてはいません!

プールの床も、砂浜と同じレベルで紫外線を反射させます。これが「照り返し」というものですが、海であれば砂浜はボコボコとしており、不均一に照り返されます。一方、プールは床が綺麗に整備されており、照り返しの影響をしっかり全身で受けることに・・・。さらにプールは周りに売店など建物が多い影響で、照り返しがとても多くなります。

当然、屋内プールでは紫外線の心配がご無用!となりますね。


プールでのヘアダメージを軽減する方法

プールでも、海と同じヘアケアが有効ではないでしょうか?ですが、プールで「髪を濡らさない」という選択は海より少ないので、しっかりプールに浸かったあとの「アフターケア」に重点を置きましょう!


プールのヘアケア① アフターケアはシャンプーが命

次亜塩素酸を含んだ水が髪の毛に含まれているので、プールから上がったら速やかにシャワーへ。そして、40度程度のぬるま湯でしっかりと水洗し、シャンプーを2回は行いましょう。このときも、もちろん低刺激シャンプーで洗うことをオススメします!

シャンプーはゴシゴシと洗うのではなく、マッサージをするように優しく洗うと良いです。泡もしっかりと立ててモコモコ状態にしましょう♪シャンプーだけでもアルカリ中和効果は十分にあります。


プールのヘアケア② カラー後専用トリートメントを使う

プール後の髪に相性抜群なのが「カラー専用ケア」です。

実は、美容院で販売されているトリートメントには「カラー後専用」というものが多数ございます!これは「カラーによる残留アルカリの中和」が第一の目的とされ作られており、アスパラギン酸をはじめアルカリ中和成分が多く含まれています。

プール後も海後も、この「カラー後専用トリートメント」がみなさまの大切な髪の毛をフォローしてくれます♪


プールのヘアケア③ こまめにシャワーや水道で流す

プールの利点は「シャワーや水道が気軽に使える」というところ。

海と違って水道が点在しているので、いつでも軽く髪の毛や身体を流せますよね♪これを利用してプールから上がったらこまめに流してあげましょう。食事中など、長期間濡れたままの場合なども水道で一度流すだけでも髪の毛のダメージは変わるのではないでしょうか?


髪の毛はとってもデリケート!!

以上でご紹介したように、とにかく海とプールは髪の毛の天敵。

バカンス前に美容院でパーマやカラーをしても、ほとんどの確率で落ちてしまい、また美容院に行かなければ・・・となります。原因と対策を知ることで、少しでも髪の毛を元気なままで保てるのではと思います!


髪の毛は一度傷むと元には戻らない

こうして一度傷んだ髪の毛は、基本的には元には戻りません。「海の後でも、美容院でトリートメントをして綺麗になった!」ということはもちろんありますが、海にもし行かずにトリートメントをすれば、もっと綺麗になっていた、もっと長持ちしていた、というと、分かりやすいのではないかと思います。


傷みがあまりに大きい場合はすぐに美容院へ


「手ぐしが通らなくなった」「乾燥でボロボロになった」など、傷みが特に大きく出てしまったときは、すぐに美容院でのケアをオススメします。美容院では髪の毛の深層繊維の補修、修復をはじめとした専門的なケアが揃っています。アルカリ性に傾いた髪の毛も弱酸性に整え、毎日の正しいケア方法のアドバイスもしてもらえます!

・MINXでは、4ステップで髪の毛を内部からケアする「Aujua(オージュア)トリートメント 4,500」、コラーゲンや毛髪再生成分を贅沢に使用した「プレミアムAujua(オージュア)トリートメント 5,500」、12ステップの豪華システムに毛髪クレンジング+特許成分を独自に組み合わ、さらに超音波で浸透力をアップさせた「MINXスペシャル美髪トリートメント 12,000」をご用意しております。

それぞれの髪の状態やご予算に合わせてカウンセリングさせていただきますので、是非ご相談くださいませ。


ミンクス 青山店(MINX aoyama)
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−23 吉川表参道ビル2F/3F/4F



ミンクス 銀座店(MINX ginza)

〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目5−4 ファサード銀座2F/7F


ミンクス銀座二丁目店 (MINXginza2chome)
〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目3−1 Ray Ginza 9F


ミンクス 銀座五丁目店(MINX ginza 5chome)
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目7−6 I Livビル 4F i liv


MINXオフィシャル

MINXオフィシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MINXオフィシャルは、こんな記事も書いています。

  • iMPREA【インプレア】美容師がおすすめする化粧品が凄い!

    iMPREA【インプレア】美容師がおすすめする化粧品が凄い!

  • 気を付けて!頭皮も日焼けしちゃう!

    気を付けて!頭皮も日焼けしちゃう!

  • Villa Lodola100%オーガニックバスソルト

    Villa Lodola100%オーガニックバスソルト

  • MINXのコロナ対策について

    MINXのコロナ対策について

  • サロントリートメントにプラスする!きれいな髪を作るための5つの習慣

    サロントリートメントにプラスする!きれいな髪を作るための5つの習慣

  • オージュア初!ブリーチケア出来る新ライン!リペアリティが良い!!

    オージュア初!ブリーチケア出来る新ライン!リペアリティが良い!!

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

40代白髪(1記事)
髪が細い(1記事)
白髪(1記事)
インナービューティー(1記事)
商品(5記事)
コーセーミルボン インプレア(1記事)
MINXオフィシャル(7記事)
カット(7記事)
ウルフカット(1記事)
レイヤーカット(1記事)
小顔効果(2記事)
カラー(8記事)
グレージュ(1記事)
アッシュ(1記事)
40代髪色(2記事)
オーガニックカラー(1記事)
ミルクティーベージュ(1記事)
カラーファンタジー(1記事)
パーマ(8記事)
パーマ種類(2記事)
パーマ髪型(2記事)
ワンカールパーマ(1記事)
パーマ失敗(1記事)
前髪パーマ(1記事)
縮毛矯正(6記事)
トリートメント(22記事)
美容院トリートメント(2記事)
美髪トリートメント(5記事)
髪質改善(3記事)
酸熱トリートメント(1記事)
サイエンスアクア(1記事)
ウルトワトリートメント(1記事)
リンゴ幹細胞トリートメント(1記事)
英語対応(1記事)
ヘアケア(3記事)
ヘッドスパ(2記事)
髪質(2記事)
くせ毛(2記事)
髪型(24記事)
40代髪型(1記事)
下膨れ(1記事)
絶壁(1記事)
ショート(1記事)
ショートボブ(3記事)
ひし形ボブ(1記事)
ボブ(8記事)
エラ張り(1記事)
ハチ張り(1記事)
前髪(3記事)
30代髪型(1記事)
小顔(1記事)
ボブ黒髪(1記事)
スタイリング(2記事)
ヘアケア商品(1記事)
シャンプー(1記事)
メンズ(1記事)
頭皮(2記事)
頭皮 臭い(1記事)
髪を伸ばす(1記事)